人狼殺 9人人気村 狂人の動き方


若ハゲ30です。

本記事では人狼アプリ「人狼殺」の9人人気村の狂人の動き方を解説します。

そもそも9人村が分からないというそこのあなた!
9人人気村の基本的なセオリーは以下の記事にまとめていますので、本記事を読む前に一度ご覧ください。

人狼殺9人村:盤面セオリー(9人人気村)

2019年11月29日



人狼殺 9人人気村 狂人の動き方




狂人は9人村の最重要キーパーソンである


9人村の最重要人物といえば、狂人でしょう。
占い結果では「白」が出て、人狼陣営という厄介な存在です。

人狼陣営は狂人の助けなしでは苦しい戦いを強いられます。
ヘボな狂人ですと、ほぼ人狼が負けるという勝敗のカギを握る役職なのです。

動き方ひとつで大きな差が出るベテラン向け役職と言っていいでしょう。
しかし、慣れれば一番面白い役職と言えます。


この狂人について本記事では動き方を複数パターン解説したいと思います。



動き方①:霊能騙り(霊能Co)


初心者は基本的に霊能者Coしとけば大丈夫です。
霊能騙りともいいます。


狂人が霊能Coすると、ほぼ本物の霊能者(真霊能)も霊能Coしてきます。
すると2-2盤面(占い師2人、霊能者2人)または1-2盤面(占い師1人、霊能者2人)が形成されます。

霊能吊りきりがセオリーですので、真霊能を道連れにできます。

ただし、自分も吊られてしまうので、霊能騙りは面白くないとも言われます。

霊能Coの一番の使いやすい点は狂人のスキルが低くても通用するところです。
というのも、霊能者の見極めはすごく難しいのです。

霊能者は吊られた者の色が分かるというだけですので、スキルの高い狂人がずっと偽の結果を出し続けてもあまりバレません。
偽の結果でも矛盾が生じないことがほとんどだからです。
特に霊能者が白出しをずっとしているとほぼ矛盾が生じません。

占い師で偽の結果を出していくとどうしても偽の黒結果で敵を作ったり、怪しいやつを白出ししてバレやすいのですが、霊能はバレにくいのです。
死人に口なしです。

ですから、スキルが高い真霊能でも本当は狂人なのではないかと疑われてしまうのです。

片方の霊能者は真っぽいけど、スキルの高い狂人かもしれないから、安定で吊りきろうという結論になることがほとんどです。

ですから、狂人のスキルが低くて、真霊能のスキルが高い場合でも吊りきりにもっていけます。
スキル差に関係なく強力な戦法になるのです。

また、霊能Coのタイミングとしては、1日目の1週目に口頭Coするか、1日目の2週目でのチャットCo(CCo)が基本となります。

1日目にCoせず潜伏してしまうと、村のみんなから疑われ、真霊能だと思ってもらえないことがほとんどです。
しっかりした潜伏理由があればいいのですが・・・。

注意点としては人狼が真狼真狼をしているときです。
(真狼真狼とは人狼の1人が占いCoして、もう一人が霊能Coする戦法です。)

この際に狂人が霊能Coしたり、占いCoすると人外3人が露出して、村人陣営の超有利な盤面ができてしまいます。

人狼陣営が真狼真狼をしている場合は霊能Coせず、潜伏狂人をしましょう。

人狼陣営の戦法に合わせるためにも、私は2週目Coを推奨しています。

以上、狂人の霊能騙り(霊能Co)をまとめるとこんなところです。

① 霊能騙りは真霊能を道連れにする戦法である
② 狂人のスキルが低くても有効である
③ 狂人としてはすぐに吊られてしまうため、あまり面白くはないが確実な戦法である




動き方②:占い師騙り(占いCo)

もうひとつの定番は占い師騙り(占いCo)です。
狂人が占いCoすると、3-1盤面、2-1盤面になることがほとんどです。

占い師という重要な役を騙る以上はある程度の腕も求められます。

盤面ごとに解説していきます。


3-1盤面(占い師 3Co, 霊能 1Co 確定)


真占い師、狂人占い師、人狼占い師の3人が Co する盤面を考えます。

狂人占い師が気をつけたいことは、3Co盤面では初日から占い師に吊りが入るため、人狼が初日に1/3の確率で吊られてしまうというデメリットがあることです。

狂人から見ると人狼はご主人様です。
あなたが 占いCo したことで、初日からご主人様が吊られてしまう確率が上がるのです。

さらに、もし初日に人狼が吊られた場合、霊能者は確定しているため、確定の黒結果が村に落ちて、村人陣営が超有利な盤面になります。

一方で、3-1盤面は占い師が3人出ることで、確かな情報を村に落としにくいという人狼側のメリットがあります。
なんといっても確白ができにくいですから。

その反面、人狼が初日から吊られる確率が上がり、人狼が初日に吊られてしまった場合、村人が超有利になるというハイリスクハイリターンな戦法なのです。

人狼陣営にとって3-1盤面が有効なのは占い師が真目を取れていないときです。
このときは、村は誰を信じてい良いのかわからず、確定情報も村に落ちないため人狼陣営の有利な盤面といえるでしょう。

逆に占い師が真目を取れてしまうと人狼陣営が一気に不利になります。

3-1盤面はスキルに自信がある人がすると強い戦法です。



2-1盤面(占い師 2Co, 霊能 1Co 確定)


私は狂人が占いCoをしている2-1盤面は、人狼陣営の不利な盤面だと思います。


まず、2-1盤面が形成されると「グレー詰め」といって初日はグレー吊りから入ります。

下図のような状況です。


役職に白が刺さっていない場合、グレーが4人います。
さらにその中から騎士 Co されるとグレーが3人まで詰まります。

分かりますか?
2/3 の確率(67%)で人狼が吊られてしまうのです。

ちなみに役職に白が刺さっていても2/4の確率(50%)で人狼が吊られます。

初日に人狼が吊られる確率が最も高いのが、狂人が占いCoした2-1盤面です。
さらに2-1盤面では霊能が確定しているため、2日目に黒結果を落とされ、村人陣営の超有利な盤面ができます。

この不利な盤面での一応の勝ち筋としては、1日目に人狼が吊られた場合、残りの人狼は占いローラーを提唱し、真占い師と狂人占い師をローラーします。
そして、最終盤面に持ち込むことですね。

1日目に吊られた人狼とライン切りができていれば、勝てるかもしれません。
ただし、真占い師が真目を取っていると、めちゃくちゃ苦しい戦いになります。
占い師が競っていないと占いローラーが入らないので。

以上、狂人の占い騙り(占い Co)をまとめるとこんなところです。

狂人の占い騙り(占い Co )

①:3-1盤面は確定情報を村に落とさないメリットがあるが、人狼が初日から吊られるデメリットもあるハイリスクハイリターンな戦法である。

②:3-1盤面は占いを騙る人狼と狂人のスキルが高い場合は有効。真占い師に真目を取られると不利。

③:2-1盤面は人狼陣営が不利になる盤面がほとんどである。





動き方③:潜伏狂人


狂人ニートとも言われる戦法が潜伏狂人です。
潜伏狂人は何もCoしません。
普通の村人のふりをして、最終盤面でPP(Power Play)を狙う戦法です。

最終盤面まで潜伏狂人が生き残り、4人が残っていると、狂人と人狼でPPができます。

潜伏狂人をするとできる盤面は2-1盤面、平和村または1-2盤面です。

2-1盤面は後ほど解説します。

まず平和村(役職が確定)は人狼陣営が避けたい盤面です。
基本的に村が有利なので、人狼または狂人が何かの役職を騙り、防ぐようにしましょう。


続いて1-2盤面(占い確定, 霊能 2Co)です。

潜伏狂人としては人狼が霊能騙りをしていることが分かります。
グレー吊りを推奨し、霊能ローラーを避けるようにもっていけば大丈夫です。

「霊能は狂人がCoしているだろうから放っておこう」とでも言えばよいのです。
自分が疑われても狂人で白結果が出るので問題ありません。

霊能が放置される村であれば人狼陣営が有利です。

最後に最も多い盤面が2-1盤面(占い2Co, 霊能確定)です。
潜伏狂人を推奨する盤面とあまり有効でない盤面があります。
解説していきます。


潜伏狂人が有効な2-1盤面


潜伏狂人が有効になるのは占い師の白出しを狂人がもらったときです。
図で表すと以下の通りです。


2-1盤面の定番はグレー吊りからです。
白出しをもらっていれば初日に吊られないため、1日目は確実に生き残ります

さらに、自分が2日目でもう片方の占い師(B占い師)に占われるように仕向けます。
やり方としてはもう一方の占い師(B占い師)を疑うことです。
B占い師はあなたを怪しんで占ってくるでしょう。

そうするとあなたは確白になり、絶対に吊られないのです。
あとは残り4人になる盤面を待てばいいだけです。
確実にPPできるでしょう。

逆に狂人のあなたが白出しをもらえず、2-1盤面が形成されると下図のようになります。


グレーに4人いて、人狼と狂人の人外2人が含まれます。
グレー吊りされると1/2の確率(50%)で人外が吊られてしまいます。
グレーから騎士Coされると2/3の確率(67%)まで高まります。

運が悪いと人狼が初日から吊られ、2日目から占いローラーでゲーム終了です。
人狼と狂人のスキルが高くない限り、危険な戦法といえるでしょう。

ただし、役職に白が刺されば、人外が吊られる確率が2/5(40%)まで落ちるので、潜伏狂人していいかもしれません。

こればかりは運です。
絶対に潜伏したほうがいいのは白出しをもらったときで、それ以外で潜伏狂人が有効なのはあなたのスキルが高いときだけです。
スキルが高いのであれば、グレーの村人を目一杯吊り押せますから。

スキルの低い狂人の潜伏狂人は人外にとって利がありません。

2-1盤面における潜伏狂人

①:自分が白出しをもらったら潜伏狂人が非常に有効である。
②:①以外で自分のスキルが低ければ、潜伏狂人はやめておく。





番外編:狂人の騎士Co


たまーに狂人で騎士Coをする方がいますが、人狼にとっては鬱陶しいので、やめておきましょう。

特に役職が確定している盤面や確白の村人がいる場合で、狂人が騎士Coをすると人外の利敵行為です。

騎士が2人いるとクロス護衛を提案されます。
騎士の片方が1日ごとに役職などを護衛する戦法です。

自分が守る日にクロス護衛の対象者が死ぬと、自分が破綻して吊られます。

さらに、役職がいつまでも死なないため、人狼が不利になります。

人狼としては役職を噛みたいのに狂人が露呈するため噛めないというジレンマに陥ります。

狂人の騎士Coはほとんどの盤面において有効でないことを頭に入れておきましょう。

ただし、有効な盤面はあるにはあり、それは平和村のときです。

平和村であれば、狂人が騎士Coをして、人狼に占い師を連噛みしてもらいます。
そして、偽の狂人騎士がクロス護衛に失敗し破綻しますが、人狼に真騎士を噛んでもらえます。

特に1日目で狂人騎士が占いの護衛を指定されるとラッキーです。
真占い師が噛まれ、2日目の占い結果を村に落とさせません。

平和村での狂人騎士Coは有効になりえます。
ただし、そもそも平和村は人狼陣営の不利な盤面です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です