騎士は潜伏か出るべきか?


若ハゲ30です。

本記事は人狼ゲームの記事になります。
アプリ「3D人狼殺」の9人人気村を想定しています。

9人人気村では騎士についての進行論が2つに分かれます。
騎士出し進行」か「騎士潜伏」かです。

今回は騎士について考えていきましょう。



騎士は潜伏か出るべきか?





騎士潜伏のメリット


騎士潜伏と騎士出しは表裏一体です。


つまり、騎士潜伏のメリットは騎士出しのデメリット
騎士潜伏のデメリットは騎士出しのメリットです。
以下では騎士潜伏を中心に記載していきます。


騎士潜伏のメリット(騎士出しのデメリット)として大きく2つあります。

騎士潜伏のメリット(騎士出しのデメリット)


1.GJ(騎士の護衛成功)を狙える(GJが狙えない)

2.偽占い師の黒結果を出しにくくさせる(黒出しが簡単)




1.GJを狙える


騎士潜伏のメリットの一つ目は「GJ(good job)を狙える」です。
(GJとは騎士の護衛が成功することです)

騎士を出してしまうと基本的に夜に騎士が噛まれてしまうため、GJは狙えません。
騎士が潜伏することでしかGJを起こせないのです。

GJには単純に重要な人物を守れるメリットと縄数を増やせるメリットがあります。

ただし、縄数を増やすには2回GJを起こすというとんでもなく高いハードルがありますが・・・。
1回GJを起こしただけでは縄数は増えないので覚えておいてください。

9人村の場合、縄数は4縄です。
4縄のうち、人狼に2縄かけられれば村人陣営が勝ちます。

この縄数が増えると物凄く村人有利になります。
グレー吊りにもう1縄使えるので、1ミスを許容できるのです。

GJを2回起こして縄数を増やす可能性を残せるのが騎士潜伏のメリットの1つです。

2GJの成功率ですが、基本的に2-1盤面など役職が確定する場合に可能性が高くなると言えます。
役職護衛で初日の1GJは起こしやすいので、残り数日でもう1GJに賭けるというのが一般的です。

ただし、やはり2GJはそうそう起こせるものではないので、確率は極端に低いということも頭に入れておきましょう。



2.偽占い師の黒結果を出しにくくさせる


騎士潜伏の最も大きなメリットとして「偽占い師の黒結果を出しにくくさせる」があります。

2GJが難しいから騎士は出すべきという人がよくいますが、騎士潜伏の最大のメリットは「人外占い師の黒出しをさせにくくすること」にあります。

例えば、初日に物凄く怪しい人(6番)がいたとします。
さらに騎士がすでにCoをしている(8番)状況とします。



人狼側からは怪しい人物(6番)が村人陣営であることが分かります。

その場合、人狼で占い師を騙っている人物(4番)が2日目の占い結果でその怪しい人物(6番)に黒を出すのです。

村人で怪しくなってしまう人物は弁解能力も総じて低いという特徴があります。
その人が黒結果を弾き返せるほどの力がないことがほとんどです。

村としてはその人物に縄を使うことになり、人狼占い師の真目も上がってしまうのです。

すると、必然的に村人陣営が負けてしまうということになります。


すなわち、人狼陣営は怪しい人物に黒を打てると勝ちやすくなるのです。

ただし、もし騎士が潜伏していたらどうでしょう?
仮にその怪しい人物が騎士だったとしましょう。


人狼の偽占い師(4番)が怪しい人物(6番)に黒を出しました。
その瞬間、その黒出しされた人物が騎士Coするのです。

一気に形勢逆転です。
黒出しした偽占い師(4番)が偽物だと判明するのです。
自動的にもう一人の占い師(3番)の真が確定し、白結果(2番)も確定します。

こうなれば村人陣営はほぼ勝利です。
(対抗の騎士が出てきてもクロス護衛を提案され人狼陣営が不利になる。)

つまり、人外の占い師が黒出ししてその人物がもし騎士だと人狼陣営がすごく不利になります。


こうなる状況が怖いので、人外の占い師は騎士が潜伏していると、安易に黒出しできなくなります


怪しい人物がいても、その人物が騎士かもしれないことを考えると黒を出しにくくなるのです。


「偽占い師の黒結果を出しにくくさせる」
これが騎士潜伏の最大のメリットであると私は考えます。



騎士潜伏のデメリット


騎士潜伏にはデメリットも存在します。
それは以下の通りです。

騎士潜伏のデメリット(騎士出しのメリット)

1.騎士が占われると無駄占いになる(無駄占いが発生しない)

2.騎士である人物の精査に時間を奪われる(グレー精査に多く時間を使える)

3.騎士の乗っ取りを常に警戒する必要がある(乗っ取りのケアは不要)


1.騎士が占われると無駄占いになる


初日に騎士が潜伏していた場合、占い位置に入る可能性があります。


騎士が真占い師に占われると最悪です。


騎士は騎士Coをすることで自分の白証明ができるので、占う必要がない人物なのです。
騎士を占ってしまった場合、1回占い結果を無駄にしていることになります。

ですから、真占い師に占われることは騎士としてやってはいけないことです。


潜伏騎士が疑われている場合、占い位置に入ります。
ただし、騎士が疑われることが悪いことかというと一概にそうも言えません


疑われた騎士に人外占い師が黒出しすることがあるからです。
こうなれば村人陣営が一気に勝利に近づくのですから。

そういう意味で騎士が疑われるのは一長一短です。


最悪なのは両占い師から占われて騎士が確白になってしまうことです。
ほとんど何も情報が村に落ちないわけですから。


覚えておくことは騎士が潜伏して真占い師に占われた場合、占いが無駄になるということです。
それは明確なデメリットです。



2.騎士である人物の精査に時間を奪われる


騎士が潜伏すると村からは当然グレーに見えているわけです。
つまり、精査を入れる対象になります。

つまり、精査を入れる必要のない人物を精査するわけですから、時間が無駄になります

騎士Coをしていれば、他のグレー位置の精査に時間をたくさん使えるわけです。

潜伏騎士では必然である「時間の浪費」も騎士潜伏のデメリットです。

反対に騎士出しは騎士の精査が不要になる
言い方を変えると盤面が詰まるメリットがあるということです。




3.騎士の乗っ取りを常に警戒する必要がある


騎士潜伏で最も怖いのは騎士が乗っ取られた場合です。

潜伏してた騎士が噛まれた場合、騎士が乗っ取られる可能性が出てきます。

騎士の乗っ取りが成功するとほぼ村が勝つことはできません。
成功すると人外最強の戦法です。

騎士で潜伏すると決めたならば、人狼に騎士だと見破られては絶対にいけません
見破られて騎士Coする前に噛まれてしまった場合、乗っ取りが発生する確率が極めて高くなるからです。

ただし、騎士乗っ取りがうまく成功する確率は低いといえます。


まず人狼が騎士を見抜いたという確証がないこと。
人狼が騎士をうまく噛んだと思っていても、噛んだのはただの村人かもしれないのです。
初日に騎士を噛み抜ける単純な確率はマックスで 33% です。


次に人外が乗っ取ろうとして騎士Coして真騎士が残っていた場合、盤面がかなり詰まり、人狼陣営が不利になります。


つまり、騎士乗っ取りは失敗したときのリスクが高いということです。
(騎士乗っ取り失敗とは騎士が生きている盤面で人外が騎士Coすること)


例えば、2-2盤面で騎士が2人Coした場合、全人外露出となり人外が不利な盤面になります。


多くの盤面で乗っ取りが失敗した場合、確白がたくさん生まれて人狼陣営が不利になるのです。


人狼としては騎士を噛んだ確証はなく、且つ失敗したときのリスクが高いので、騎士乗っ取りは選択しづらいのです。

まとめると、騎士潜伏では騎士を乗っ取られるリスクがあるが、あまり乗っ取り発生の頻度は高くないということです。


ただし乗っ取りが成功するとほとんど人狼陣営が勝つので注意が必要です。
騎士Coを初日にしておけば、防げる戦法なので騎士潜伏のデメリットとして挙げさせてもらいました。





騎士潜伏派か騎士出し派か


騎士潜伏が有効な場合と騎士出しが有効な場合、それぞれがあるでしょう。
それは盤面にもよるでしょうし、人にもよります。
つまり、その時々で変わるということです。


正解はないのです。


騎士潜伏派か騎士出し派かは好みによるのです。
私は潜伏派です笑


正解はありませんが、上記のメリット・デメリットを頭に入れて動けば、勝てる確率は高くなるはずです。


どちらの戦法も試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です