目標は45歳でセミリタイア


若ハゲ30です。
30歳になりました!!


嫌な仕事から逃げたい。
そう思って働いていますが、目指す位置が分からなければ、いつまでたっても仕事を辞めることができません。


この記事では目指す位置、すなわち目標を明確にします。
そして、我が家の現状と目標までの距離を可視化してみます。


目指す位置や現状を認識できなければ頑張れないですからね。


目標は45歳でセミリタイア



リタイアする年齢の決定


私は仕事が嫌いになっています。
仕事が尊いものだとも思っていませんし、全部AIに置き換わればいいとすら思っています。


仕事が好きな人は仕事ではなく遊びなのです。
遊びにたまたま付加価値がつく、つけられる人たちが遊びを仕事と呼んでいるだけのこと。


こんな人たちが多数派なわけもなく、多数派は仕事なんか嫌いなはずです。
本当は大して仕事が好きじゃないのに仕事がかっこいい的な感じでイキるやつらが大嫌いな若ハゲ29です。


さて、愚痴ばっかり言っていても始まらないのでゴールを定めましょう。


目標がなければ短期間の仕事すら頑張れなくなります。
今の私が仕事を辞めるには早すぎますから、現状を維持するモチベーション確保のための目標も必要なのです。


私は「45歳でセミリタイアする」という目標を定めました。
私は2020年の2月で30歳になるので、あと15年間で達成しなければなりません。


ちなみにセミリタイアというのは、仕事を完全に辞めるのではなく、短期で働くなどチョコチョコ労働が必要なレベルのリタイアのことを言います。
完全なリタイアには億単位のお金が必要で現実的ではありません。


15年間は長すぎず、短すぎずの丁度いい目標です。


70歳まで働くなんて常軌を逸した思考を植え付けようとする日本政府の思い通りになんかなったるものかと。


何歳まで生きるのかは知りませんが、とにかく嫌なフルタイムの仕事とは45歳でおさらばします。


正直、独身ならば実家に寄生してもっと早くにリタイアできますが、結婚した身であり、子供を作ろうとする思いもあるので、あと15年間は働く必要があるかなと思っています。


必要な資金の算定


さて、45歳でセミリタイアすることは決まった。
そこで、45歳に辞めるとしていくらの資金が必要でしょうか?


設定としては以下の通りです。


・夫婦が90歳で亡くなる
・年金は70歳から受給
・ちょっとした労働は続ける
・子供が1人


まず収入として短期労働をすると1年間に80万円くらいは稼げます。
月7万と考えると、私が過去にやっていた塾講師のアルバイトで達成できちゃいます。
ちなみに2人でやれば160万円になるんですよね。


1か月の3人のトータルコストを27万円とすると年間で約320万円になります。
今は2人でトータルコスト20万もいかないので、設定が低すぎるということはないでしょう。
そして、子どもは金をかけずとも勝手に育ちます。

45歳から70歳までに必要な資金は以下の通り。

収入:160万円 × 25年 = 4000万円
支出:320万円 × 25年 = 8000万円
45歳から70歳までに必要な資金:4000万円


70歳以降は年金が受給できます。
この頃にはちょこっと労働も辞めているとします。
また、子供は成人しているため、支出も落とせます。


年金を2人で月15万円貰えると仮定して、年間の支出を250万円すると70歳以降の必要資金は以下の通りになります。

収入:180万円 × 20年 = 3600万円
支出:250万円 × 20年 = 5000万円
70歳以降に必要な資金:1400万円


ちなみに寿命が延びたら延びただけ生活コストを圧縮すればいいだけです。
正直、70歳をすぎれば月に2人で20万円も使いません。


というわけで、45歳でセミリタイアすると必要な資金は以下の通りになります。


45歳セミリタイアに必要な資金: 5400万円


現状と目標までの距離


さて、必要な資金5400万円を45歳までに稼ぐ必要があります。
私の家庭の現状を確認しておきましょう。


年齢:夫30歳、妻26歳
世帯資産:1500万円


現状で不足している金額は4000万円です。
私の家庭は年に300万円の貯蓄ができているため、あと約13年働けば目標金額に届くことが分かりました。
15年間で5400万円という計算のため、3年ほど余裕をもって計画を立てられそうです。


加えて私だけですが投資も行っているため、投資が成功すればさらに余裕をもって45歳でセミリタイアは可能かもしれません。


ただし、年300万円の貯蓄というのは子供がいないからこそできる芸当です。
子供ができれば予想外の出費がかさむかもしれません。


とはいえ、現状13年で達成できる見込みですので、それがやや遅れて15年になるだけと考えれば、やはり計画通りに進められそうです。


現状維持で充分セミリタイアが可能になることが分かりました。
あとは子供が生まれたときの対応ですね。
そこさえ間違えなければ何とかなるでしょう。


嫌な仕事は早くに辞めたいもの。
私は45歳でセミリタイアしてみせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です