結婚後の我が家の家計


若ハゲ30です。



私が結婚をしてから1年半が経とうとしています。
これほど時が流れれば、家計も大体安定してきます。


今回は我が家の家計についてお話します。



結婚後の我が家の家計



夫婦別々会計


我が家は夫婦別々会計を採用しています。


どちらか一人が管理するより揉め事が少なく、お互いが自由にお金を使えるため、お勧めです。

ただし、夫婦が共働きをしていない限り、実現は難しそうです。
専業主婦家庭のほとんどは奥さんが家計を管理することが多いかと。
私の職場でも専業主婦家庭の先輩方はお小遣い制です。



一度、家計のやりくりを決めてしまうと変えることが難しいため、夫婦別々会計にしたい場合は同居前に決めておく必要があるでしょう。

お小遣い制になったが最後、ひっくり返すのは無理です。



収入


夫婦の手取り収入は40万円程度です。

共働きでお互いが正規雇用です。

お互いが定時帰りで、残業が少ないため、貰えるお金も正規雇用としてはやや少なめです。

このお金で必要経費を賄い、貯蓄をしています。



支出


支出は下記の通りです。

夫婦共同支出一覧

・家賃:60,000円
・食費:40,000円
・光熱費:10,000円
・水道:3,000円
・ネット回線:4,000円
・雑費:5,000円

計:122,000円



個人支出一覧

・昼代:7,000円
・携帯:実質0円(楽天モバイル)
・奨学金:17,000円
・散髪:1,700円
・娯楽費:10,000円
・交際費:10,000円

計:45,700円


節約プロには及びませんが、割と固定支出は抑えられている方ではないかと思っています。

大きいのは社宅に住んでいることで、都内在住でありながら家賃が抑えられていること。


また、楽天モバイルで携帯料金は実質タダになっていることも大きいです。



1万円稼ぐより1万円節約する方が楽



こちらのひろゆきさんの格言通りに生活すると節約意識が向上すると思います。

大事なのは収入よりも支出です。
支出を抑えることが幸福へのカギです。


貯蓄


我が家は毎月夫婦共同の貯金を行っています。


これは将来必要になるであろうときのための貯金です。

夫婦の共同口座に貯金しています。
その額は10万円です。


夫婦合同貯蓄:10万円


現金貯蓄は私の意に反するところですが、私個人のお金ではないため、変えることができず・・・。

このお金を除き、余ったお金は夫婦個人で貯蓄しています。

私はこの個人貯蓄をほぼ全額インデックスファンドに回しています。

大体、個人の貯蓄は5万円は毎月確保しています。
そのため、5万円を毎月インデックスファンドに回している感じです。

インデックスファンド購入額:5万円



ざっくり我が家の家計


我が家の家計を簡単にまとめると以下の通りです。

我が家のざっくり家計

・収入:40万円
・支出:20万円
・貯蓄:20万円



つまり夫婦で働いて40万円を稼ぎ、生活費や娯楽費で20万円を使い、残り20万円を貯蓄するといったところです。

貯蓄率は50%を達成しており、我ながら良い数値だと思っています。

ただし、これは共働きと子供がいないことが影響しています。

子供がいれば私や妻の働き方は変わりますし、支出は増えます。

お金のことだけを考えると、共働きと子供がいないということが重要な要素かと思います。



ボーナスは幻想


ボーナスに関しては夫婦間で思想が異なります。


私の妻は半分は使う人です。
私は全額貯蓄派です。

我が家はボーナスも別会計にしていますので、私のボーナスは全額貯蓄、というかインデックスファンドに回しています。



ボーナスに関して私の考えをお話します。

年収480万の人を例に取ると以下のようになります。

毎月の給与:30万円
30×12か月= 360万円

ボーナス1回:60万円
60×2回 = 120万円

計:480万円



会社はボーナスという便利な制度を利用しています。


まず、ボーナスであれば業績を理由に減らすことができます。
さらに解雇、退職があれば支給しなくてよいのです。
会社側にお得な制度です。

年間480円を月平均で貰うと以下の通りです。

ボーナス制度なしの場合

月40万円


本来、我々労働者は月40万円を受け取れるはずなのです。

それなのにボーナスがあるおかけで、月30万円までに減ります。

そしてボーナスで補填しますが、業績で大きく左右されるので、会社にとって都合が良い制度です。

つまり、私が言いたいことは

本来ボーナスは給与に組み込まれているはずのものであり、ご褒美ではない



ですからボーナスを自分へのご褒美にするという思想は誤りです。
ボーナスは月給のうち減らされた分の後日支給であり、特別なものではありません。

ですから安易にボーナスを娯楽費として使用するのはダメだと思っています。


毎月の給与で生活費や娯楽費を賄い、ボーナスは全額貯蓄、または投資資金にすべきでしょう。



まとめ


今までのお話をまとめると以下の通りです。

・夫婦別会計
・収入を増やすより支出を減らす方が簡単
・我が家の貯蓄率は50%
・ボーナスは本来月々に貰えるはずのもの。全額貯蓄すべし。



人生を豊かにするならば、支出を減らし、お金を使わないで幸せになる方法を模索すべきです。

我が家もまだ発展途上で、幸せを掴み取れていませんが、この方向で努力し続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です