疲労回復には睡眠


若ハゲ29です。


朝はダルい、眠い、帰りたいと思ってしまいます。
通勤時には尚更です。
それはおそらく睡眠不足かなと思います。

疲労回復には睡眠


人によって必要な睡眠時間は違う


みなさんの睡眠時間はどれくらいでしょうか?
必要な睡眠時間は遺伝で決まっているようです。

https://wired.jp/2019/09/14/scientists-find-second-short-sleep-gene/


この記事はショートスリーパー遺伝子を説明しています。
特異遺伝子のない普通の人間が3時間睡眠を継続するのは無理でしょう。


私は一般人より多くの睡眠を必要とするタイプだと思っています。
23時に就寝し7時に起きる8時間睡眠が標準です。
しかし、2~4回は起きてトイレに行ったりします。

8時間眠っても起床時は辛いです。
恐らく睡眠が足りていないのでしょう。


早めに就寝して9時間以上寝ると、朝はそこまで辛くありません。
できれば22時には就寝して9時間睡眠を確保したいところです。

社会人にしては寝すぎですね笑

こういう人間がいる一方で、4~5時間睡眠で大丈夫な人もいます。


疲労は睡眠不足が原因


つまり、睡眠において自分と他人を比較することは意味がありません。


遺伝で睡眠時間が決定されていると考えれば、自分の体と対話するしかありません。

私は9時間眠ればフル充電できることがわかりました。
逆に9時間を下回ると疲労がたまります。


これが睡眠負債というものでしょう。
朝が辛ければ眠るしかないです。

最も効率の良い疲労回復は眠ることです。
自分の適切な睡眠時間を見極め、時間を確保することが大切かと。


睡眠時間を確保するには


私の場合、8時間も標準で寝ているため、時間の確保が大変です。


定時で帰り、家事を終わらせると、平日の自由は3時間ぐらいしか残りません。
社会人としては平日の3時間は十分な時間に思えますが、個人の実感では全然足りません。


お金より時間が大切な私としては、自由時間が少ないことは不満です。


ですが、睡眠不足が何よりも苦痛のため、睡眠のために自由時間を削ることを受け入れています。


独身者または妻・夫と二人暮らしの場合、自分の努力次第で睡眠時間は確保可能だと思います。

・仕事を頑張って定時で終わらせる。

・定時で帰っても周りの目線を気にしないハードメンタルを作る。

・自由時間を削って、明日の良好な体調を確保する。


これらは全て努力で何とかなります。
問題はお子さんがいる場合ですね。


共働きで子供がいる場合は、9時間睡眠なんていう悠長なことは言ってられません。


3時間の自由時間が欲しいなんてことも無理です。
睡眠はどう頑張っても6~7時間がMAXでしょうし、自由時間は0になるでしょう。


子供をつくるっていうのはロングスリーパーからしたら、大変な決断です。
でも、子供は欲しいし、共働きも継続したいのです。


わがままばかり言っていても解決しないため、自分なりの着地点を模索したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です