レイカーズ VS ホークス ~NBA~



若ハゲ29です。


レイカーズとホークスの試合が11/18に行われました。
会場はレイカーズのホーム「ステイプルズセンター」です。
試合内容を振り返りたいと思います。


レイカーズ VS ホークス ~NBA~



サポート陣が好調のレイカーズ

KCP


レイカーズが最も強い時間帯とはどういうときでしょうか?


私はサポート陣が好調のときだと思います。
サポート陣とはレブロン、ADのコア2人を除いたメンバーです。

個人的にはクーズマが第3のエースなので、クーズマも除いたメンツがサポート陣ですかね。


レブロンとADだけに得点が集中すると、相手ディフェンスは2人に集中でき、守りやすいです。
しかし、サポート陣が活躍しだすと、ディフェンスの的を絞れなくなります。

特に3PTが決まりだしたレイカーズは止められません。


レイカーズ全員がスコアリングしだすと、非常に危険です。
今日はそんなゲームでした。


KCPが13 PTS、グリーンとカルーソが11 PTS、そしてロンドが 15 PTSです。
サポート陣が好調だったレイカーズ。
4人に二桁を許してしまうとレイカーズに勝つのは難しくなります。

AD


気になったのはADですかね。
ダンクミスやターンオーバーが目立ちました。
14 PTS、1 REBとらしくない成績。

ただしADはオフェンスがダメでも、ディフェンスで活躍できるので凄い選手です。
5BLKは脅威的でした。


そしてレイカーズのレジェンド「コービー」が観客席で見守るという状況で、チームはさらに勢いづいたように思えました。(特にレブロン)

Kobe Bryant




ホークスはトレイ・ヤング頼み、レブロンを抑えられず


トレイ・ヤング                 


2年目を迎え、成長著しいトレイ・ヤング。
マブスのドンチッチと同期でライバルです。
ドンチッチはさらにヤバい活躍をしていますが。


ホークスのオフェンスを牽引するのは間違いなく彼です。
多彩なオフェンスパターン、鋭いドライブに加え、高精度の3PTがあります。


トレイ・ヤングは31 PTSと気を吐きましたが、それ以外のメンバーが乗ってきません。
ベンチスコアも31 PTSとヤング1人と同得点という低調な結果に。


そして、今日はレブロンが好調でした。3PTが6/10と絶好調。

LBJ


レブロンを全く抑えられないホークス。
レブロンに好き勝手やらせてしまうチームは間違いなく負けますね。


チームの調子が悪い時にレブロンが簡単に得点できてしまうと、チームの調子が戻ってしまいます。
レブロンを守れるディフェンダーがいないチームには、レイカーズは負けません。


そもそもディフェンスがあまり良くないホークスなので、レイカーズを倒すにはチームディフェンスも改善する必要があります。
前日のクリッパーズには150点を許しています。


レイカーズのFGは47-89(52.8%)とホークスはこの試合も簡単に得点を許してしまいました。


試合結果


試合結果は122-101でレイカーズの勝利。
エイブリー・ブラッドリーの不在を感じさせない完勝でした。


AD不調でも負けないとなると、レイカーズを倒すのは難しいですね。


この試合は序盤から一方的な展開でレイカーズの強さを見せつけられました。
強豪ひしめくウェスタンの首位を守るレイカーズはしばらく負けなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です