ラッセル・ウェストブルックがレイカーズへ移籍



NBAに大ニュースです。
スーパースターであるラッセル・ウェストブルック(以下ラス)がレイカーズへ移籍しました!


レブロン、アンソニー・デイビス(以下AD)、ラスのビッグ3が誕生したのです。
NBA最強デュオであるレブロン&ADにラスが加入し、NBAは大荒れの予感です。


ラッセル・ウェストブルックがレイカーズへ移籍



ビッグ3結成~レイカーズの狙い~


【リポート】レイカーズとウィザーズがラッセル・ウェストブルックのトレードで合意 | NBA日本公式サイト | The official site of the NBA (sportingnews.com)



レブロン、アンソニー・デイビス(以下AD)、ラスのビッグ3が誕生しました。

近年の流行であった「2スター+優秀なロールプレイヤー」は終わりを告げようとしています。


レイカーズやクリッパーズはこの方式を取ってきましたが、バックスの優勝により再びビッグ3方式が台頭しようとしています。(バッグスはビッグ3で優勝)

レイカーズは2020-2021シーズンではサンズに敗れプレイオフ1回戦敗退となりました。
原因としてADの怪我が挙げられます。

2スターのうちどちらかが怪我でいなくなると、優勝できないことが明らかになりました。
クリッパーズもレナードが怪我して敗退しました。

レイカーズでは高齢のレブロンと怪我がちなADのデュオのため、どちらかが消える可能性が高く、もう一人のスターが必要であったというのがラスのトレード理由かなと。

レギュラーシーズンでレブロンやADの負担を減らし、プレイオフで三人万全の状態を作り上げるというのがレイカーズの戦略でしょう。

シーズン中はレブロンやADを定期的に休ませることが予想できます。
それでもラスがいればレギュラーシーズンの負けを減らすことができ、高い順位でプレイオフに行けるといったところでしょうか。


スペーシング問題



しかし、ラスのレイカーズ加入には批判的な意見が続出しています。

「レブロンと噛み合わない」と疑われるレイカーズのウェストブルック獲得は、実際はネッツを上回る『ビッグ3』誕生の気配(バスケット・カウント) – Yahoo!ニュース


ラスのスリーポイント成功率は 31.5 %と低い数値です。
さらに、得意としていた2ポイントのジャンプシュートも外すことが多くなっています。

レイカーズは昨年そして一昨年にもスリーポイントが入らないことが課題となっていました。
そこにアウトサイドがないラスが加入したことで、さらに傷口を広げてしまった印象です。

以前、レイカーズのオフシーズンを考察した以下の記事でもレイカーズのアウトサイドの必要性を述べましたが、真逆なことをしているトレードです。

レイカーズがプレーオフ敗退、オフシーズンを考察

2021年6月15日


レブロンはスリーポイントが得意な選手ではありません。
ADも同様です。
二人ともスリーポイントは打てますけど。

つまり、エース3人が全員スリーポイントを得意としないレイカーズはスペーシングが足りないという大きな欠点を抱えています。


シューターの補強


レイカーズはキャップスペースが足りないため、FAで取れる選手が限られていました。

そのため、ミニマムクラスで取れるシューターをできる限り取るという補強を行いました。
取った選手は以下の通り。

獲得した選手
・カーメロ・アンソニー
・トレバー・アリーザ
・ドワイト・ハワード
・ケント・ベイズモア
・マリク・モンク
・ウェイン・エリントン

契約延長
・THT(テイレン・ホートン・タッカー)



レイカーズのネームバリューと優勝候補であることからミニマムで優良な選手がたくさん取れました。

補強としては大成功です。

スペーシング問題を解決できるシューターを補強しています。


高齢化問題



レイカーズのロスターは高齢化しました。
ミニマムでベテランばかり集めているので高齢化は必須でしたが、史上最高レベルの高齢化です。

カーメロ  37歳
レブロン  36歳
アリーザ  36歳
ガソル   36歳
ハワード  35歳
ベイズモア 32歳
ラス    32歳


ロスター15人のうち半分が32歳以上という超高齢ロスターです。

アセットが少なくトレードで若返りが難しいので、今シーズンはほぼ高齢化ロスターが確定しています。
対策はほぼ皆無です。

近年の運動量の多いバスケットボールが主流のNBAでおっさん軍団がどれほど通用するのかは見ものです。


新シーズンのレイカーズは優勝候補なのか?



ラスを加え新ビッグ3を結成したレイカーズ。


チームケミストリーを築けるか、高齢化で運動量が足りない等の問題はあります。
中でもレブロンやADの健康維持が最大の課題です。

これらの弱点を克服した場合はリーグ有数の戦力を誇る強力チームです。

レブロン&ADという最強デュオが健在で、ラスというミスタートリプルダブルが加わり、シューターで回りを固めるという強いチームです。

レイカーズは優勝候補チームといえます。

何度も言いますが、上記で挙げた課題をクリアすることができればです。

新シーズンのレイカーズに期待しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA