コロナショックで株価は下落するが投信は売らない!


若ハゲ30です。


さてさて、コロナショックで本格的に株価が下落してきました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-35150753-cnn-int


株式に投資している方は軒並み大損をこいております。
私がここで言いたいのは、決して投信を売ってはいけないということです。




コロナショックで株価は下落するが投信は売らない!




投信の価値が1/6も下落した


私の名義で購入している先進国インデックスの投信ですが、240万円分購入して-40万円の損です。


価格が1/6も下落してしまいました。


私としては2019年の10月から投資信託を買い増していたため、上げ相場で買っていたため、損失も大きくなっております。


ここでインデックス投資の基本を理解していない人間は損切りといって、損失を最小にするよう売りに走ります。


もちろん、これから市場が全く回復しないと読むのであれば、絶対に売るべきです。
しかし、先進国インデックス投資とは先進国の市場が将来的に長期で成長すると読んで購入する投資スタイルです。


保有スパンは数十年を見込んで買っているのですから、こういうリスクは想定通りのはず。
こういう暴落はこれからも起こります。
暴落場面でうろたえず保有し続けられるか?


精神力が問われているのです。


ここで売ってしまったら損が確定し、市場が回復したときに泣くはめになります。
私としては市場が将来的に必ず回復すると思っているので、迷わず保有します。


ただし、個別株は分かりませんよ。
一企業はコロナウィルスで長期において業績が低迷したり、倒産したりすることは普通にあると思います。


個別株はやはり我々素人が手を出す代物ではないことがこの騒動でハッキリしたと思います。


市場回復理由1:人類は疫病に打ち勝ち続けている



名作「サピエンス全史」で人類が疫病を克服してきた歴史が綴られています。
人類は戦争、疫病、飢餓と戦い続け、近代ではほとんどこれらを克服したことが明らかになっています。


コロナウィルスは確かに全世界で拡大を続けていますが、10年後にコロナウィルスで人類の経済活動が滞っているでしょうか?


私はそうは思いません。
そう思う方は投信を売り払えばいいだけのことです。


私は、疫病を克服できることを人類の歴史が証明していると思っているので、人類の天才たちが必ずやコロナウィルスを解決するでしょう。


市場回復理由2:過去年上昇を続ける株式市場

https://gentosha-go.com/articles/-/20744


リンクの記事の通り、ニューヨーク・ダウが始まって120年以上の歴史がありますが、この間ずっと過去最高値を更新し続けています。


諸行無常の原則があるため、いつかはこの上昇も止まる時がくるのでしょう。
ただし、それがいつかは当然分かりませんし、私はこの上昇が長期間これからも続くという方に賭けて投資を続けているわけであります。


要は、インデックス投資家は市場の上昇が続くか否かを判断基準に投資をすればいいわけですね。


私は世界人口が増え続けるのであれば上昇すると思っています。

https://wired.jp/2019/02/20/world-might-actually-run-out-of-people/


世界人口はさまざまな予測が出ていますが、悲観的な予測でも今後30年は人口が増え続けるため、30年はインデックス投資を継続しようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です