ホリエモンの貯金理論


若ハゲ29です。


先日の記事でとりあえずお金を貯めるかというお話しをしました。

とにかく金を貯めるかという話

2019年7月25日


しかし、真っ向から対立する意見もあるわけでして。


そこで、貯金反対派の意見についても載せないわけにはいかないなと。
色んな意見があるので、個人で判断しましょう。


正解はないと思いますよ。



ホリエモンの有り金全部使え理論

f:id:ki-so-sa:20190726125454j:plain


貯金を真っ向から否定するのがホリエモン。
ホリエモンについては過去記事を書いてますので、どうぞ。

ホリエモンの主張をまとめてみた

2019年7月24日


私はホリエモンを尊敬していますが、その発言全てを信じているわけはありません。
違う人間なので意見が違っていいと思っています。


ただあの天才の発言は参考になるので、こんな本も買いました。
気になる方はどうぞ。


ホリエモンの意見で同意できないのは貯金不要理論ですかね。
以下の理由でホリエモンは貯金が不要だと言っています。


①:お金持ちになって君はどうするの?


まず、こんな根本的な問いを投げかけてきます。
そして、これにきちんと答えられる方は皆無なのだと。


確かに、金持ちが羨ましく見えますし、なりたいと思いますが、なった先に何があるかといえば贅沢するくらいなんでしょうかね。


そして贅沢な生活も続ければ飽きてしまうんでしょう。
イーロンマスクのようにITで得たお金を車や宇宙に投資するなんていう芸当は凡人には無理でしょうしね。


ちなみに私は「お金持ちになって君はどうするの?」の問いに明確に答えがあります。


「嫌いな労働をしなくてよくなる」ですね。
お金がないから働くんでっせ。


そしたら、ホリエモンは嫌いな仕事なんか今すぐやめろと論破してくるので、勝てませんが。
お金持ちになりたい理由って憧れみたいなものなんでしょう。


別に目的はないけどなりたいという。
だったら金持ちになる必要ないでしょうというのがホリエモンの意見ですね。


僕は労働辞めたいし、家族を食わせたいのでお金持ちになりたいです。



②:お金は不安を解決してくれない


以下引用です。 

お金持ちになりたい欲は「不安の裏返し」だ。

豊富な資産が、もしものときや、働けなくなったときの不安を、解消してくれると信じている。
仲間や恋人に恵まれるためには、お金持ちになるのが早道だと思いこんでいる。

ある意味では間違いではない。お金は、多少のトラブルや不安を解消してくれる役割も果たしてくれる。

だがそこに、何に使うか? 何をしたいのか?という、本質的な問いが欠けていたら、いつまでも不安は消えない。何億円貯金しても、不安に怯えているはずだ。 

 
とのことです。

不安があるから貯金しますよね。
ただいくら貯金しても不安なんか消えないから貯金など無駄だと言っています。


これも正論なんですよね。

ただ、私は思います。


何かあったときにある程度の貯金はやっぱり必要だろうと。
お金があれば選択肢は増えると思います。

もし病んでしまって会社を辞めたいとき。
100万あれば、とりあえず1年はニートできると思うんですよ。
そして少し回復したらまた再出発すればいい。


貯金がないとこういう選択肢を取れません。
また3000万とかそういう単位でお金があれば、とりあえず嫌な仕事は辞めていいんじゃないでしょうか。
節約していけば、数年レベルで生活していけますし。


貯金で選択肢が増えることは間違いないので、あり金全部使おうとはなりませんよね。


やっぱりある程度貯金があれば安心できるのは事実かと。
お金は万能ではないけど有能ですよね。



③:お金より体験が重要


以下、引用です。

性分的に、貯金好きではないのもあるけれど、活きない貯金を守るより、活きたお金を使ったほうが、絶対に楽しくて幸せだと信じていた。 

僕の得てきた体験は、いま同じ額のお金を投じたところで決して得ることはできない。
貯金は目先の不安を多少取り除くのかもしれない。しかし時間を買い戻すことはできないのだ。


人生の幸福度で見ると、確かにこれも正論です。
ホリエモンは時間を最も貴重な資産だとしています。


時間は万人に平等で絶対に増やすことができないからだと。


金は時間で買える(アルバイトは時間を使ってお金を稼ぐ手段)けど、時間は金で買えませんからね。
ビルゲイツが何したって、20代には戻れないです。


確かにお金より時間や体験が重要なんでしょう。
ホリエモンほど能力があれば、いつでも稼げるのでお金の価値は低くなります。


しかし、我々のような凡夫はどうでしょうか。
体験や時間を重視してお金を湯水のごとく使っていたら。


稼ぐ能力が限られている中で、嫌々仕事をしているはずです。
それは何度も申します通り、お金がないから。


得た体験や時間が収入のアップに繋げられれば、たくさん稼げるようになるので、大丈夫かもしれません。
しかし、収入アップに繋げられなければ、お金のためにひたらす労働するしかありません。


この労働を抜け出すために、ある程度まとまったお金はいると思っているのが私の意見です。


仮に生活費を稼げる好きなことを見つけるのも手ですが、そこまでたどり着ける人がどれくらいいるのかは疑問です。


ヒカキンさんとかって陰ではものすごい努力されてますし、好きなことで成功する人はやっぱりごく一部だなという印象。


一般的には雇われで、辛い労働をすることが選択肢として最多のはずです。
凡人が真に受けていると痛い目を見る気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です