ハゲ対策のお金の話


若ハゲ29です。


今回は皆さんが関心があるであろうハゲ対策にかかるお金の話をしていきます。


お金は大事です。
お金があればハゲの天敵であるストレスから逃れられますよ。

つまり仕事から逃れられます。
お金がなければ一生労働。
そのお金をつぎ込むのですから、ハゲ対策は慎重に考えましょう。


この記事がその手助けになれば幸いです。


経験した治療法の話はできますが、それ以外の最新治療法については載せていません。




 ハゲ対策のお金の話




1.AGAクリニック①


まず代表的な対策として、AGAクリニックへの通院があります。


フィナステリド等のAGA医薬品の処方がメインで、効果が非常に高いです。


さんざん書いていますが、薬の副作用が出る人もいるので注意です。


・薬のお値段


これは月額1万円程度とお考え下さい。


クリニックにより値段が違うため、見極めが大切です。
年12万円。10年で120万円になります。


外部に頼る手段としては最も安価な手法になります。
安価で最も効果が高い手法です。


ただし、薬の服用をやめると効果がなくなるため、継続が必要です。
また、副作用のリスクがあります。


デメリットをまとめると、こんなところでしょう。


・注射


中には細胞を活性化させる注射を打ってくれるクリニックもあります。


私が打ったのは1本10万円という高価なもの。


薬で効果が出ない人のためにあるようですね。


しかし、私は薬で効果がすぐ出たので、注射は2回程度にとどまりました。


たいていは、セット料金を組むと値段が下がります。


薬とのセット販売で80万くらいのところが多いと思います。


ちなみに私はセット販売を購入しましたが、薬の服用を途中で断念したため、そこまで出費は大きくなりませんでした・・・。



2.AGAクリニック②


こちらはAGA医薬品を使用しないクリニックです。


私が通院しているところでは、下記の治療法を実践しています。

① 食生活を改善(自力)し、頭皮環境を整える。
② 栄養剤を服用し、栄養分を補助する。
③ 運動も行い(自力)、血流を良くする。
④ オリジナルシャンプーで頭皮環境をさらに改善する。
⑤ ①~④を基に頭皮にカクテルを注入し、増毛させる。


こちらの治療費は1年間で90万円です。


高額ですね。


1年のプランが終了すると、シャンプーや栄養剤を続け、維持していくことになります。


また、場合によっては年に数回通院し、カクテルを補給するそうです。


これも1年通院した感想ですが、継続にお金がかかる。
また、AGA医薬品に比べて効果が薄い。


そのため、私は断念しようと思います。


身をもって経験できたので、悔しいですが、納得感はあります。



3.自力


髪が生えるのは日々の生活習慣という言葉を信じ、生活習慣を改善する手法です。


もちろんタダです。

栄養バランスを考えた食事にすれば、食費は高いのかもしれませんが。

ただし、効果は良くて現状維持でしょう。
AGAの場合、自力の発毛は難しいです。



4.まとめ


・リスクを取ってAGA医薬品を服用すれば、効果は高く、お金も抑えられる。

・リスクを嫌う代わりに、高額を支払い、AGA医薬品に頼らないクリニックに通院する。(ただし、効果は限定的であり、生活習慣を改善する努力も求められる。)

・お金をかけず、生活習慣を改善し、現状維持を目指す。


以上です。


ハゲのハードルは高いです。
恐ろしく高い・・・。


どれも一長一短なので、慎重にご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です