AGAクリニック体験記②~副作用に苦しむ~


若ハゲ29です。

前回の記事の続きを書いていきます。 AGAクリニックに通院してからやめるまでのお話しになります。

AGAクリニック体験記②


AGAクリニック カウンセリング


とうとうAGAクリニック通院を決意した私。 一番メジャーなクリニックに行きました。(2016年頃になります。)
今でもCMでよく見かけます。

まずはカウンセリング。



相手はなんと女性。 他人(しかも女性)に見られるのはめちゃくちゃ恥ずかしい・・・。


「全体的に進行していますねぇ。」
グハッ・・・・。傷つくな~。

個人的には頭頂部だけだと思っていたのですが、他人から見ると全体的に薄くなっていたようです。

診断、処方


診断結果はやはりAGAでした・・・。
しかも、進行はだいぶ進んでいますよとのこと。

マジか。。。
今日は心に何回刀を振り下ろされるのだろうか。。。

そして、私の頭部状況を基に施術内容を提示されました。主に2つ。


A:「お薬、および頭部への注射の治療。」

B:「お薬による治療のみ」


注射は1回7~8万する高額な治療です。
薬はフィナステリドとミノキシジルで、飲み薬と塗り薬を併用します。

迷いましたが、お金だけは少し持っていたため(前回記事参照)、注射有のA案にしました。
このプランで総額80万程度です。
もちろん長期間のプランです(2~3年くらい)。

薬の服用は朝と夜の二回です。
そして月に2回ぐらい注射を打っていく感じです。

ちなみにご飯をしっかり食べた後に飲むことといわれました。
一度、朝食を抜いて服用したことがあるのですが、吐き気で居ても立っても居られなくなりました。

先生の言うことは守りましょう!

AGAクリニックの効果


さぁ~てあの時のデータを貼ろうと思い、iPhoneを探っていると・・・。
データが消えてしまっておりました・・・。
本当に申し訳ございません。。。。

一番大事なとこなのに。

思えばあまり写真は撮っていなかった気がします。当時は合わせ鏡で見ていたので。
また、以下にも書きますが諸事情で服用していた期間はあまり長くないです。

ちなみに、回復はかなりしました。
2か月くらいでつむじは見えなくなりましたから。効果的なものでいえば大満足です。

写真がないので、信頼性低くなってしまうのですが、すぐに効果はでると思います。

私の場合、薬のみで十分で注射はいらないという結論になりましたので、途中からは注射を控えました。(自己判断です。)
(あと、体の体毛が濃くなっていくのは要注意です。顔の毛は毎日剃るようになってしまいました。)

ただし、私はちょうどそのころ以下の症状?になり、薬の副作用なのか判別が難しいですが、服用を3か月程度でやめてしまいました。

薬の副作用?


頭の方は薬により回復してきましたが、メンタルがダメになっていきました。
仕事が忙しくなり、夜勤により不眠の症状はひどくなっていました。

かつ職場の後輩2名ぐらいがうつ病で休職しだしたのです。
ちなみに、私の同期も似たような職場で休職していた人がいたので、明日は我が身だとも思っていました。

さらに、上司は私より過酷な勤務をしていたので、出世してもこの状態かと、未来を信じられなくなってもいました。心臓がしめつけられる感じというのを初めて体感しました。

極度のストレスで日常が全く楽しくない・・・。
休日は外に出るのも億劫で一日寝てました。

特に日曜日のサザエさんはトラウマですね。日曜の夜はほとんど眠れてなかったので。

薬の服用時期と職場の忙しさのピークがかぶるので何とも言えませんが、AGAの副作用にうつ症状があるというのを記事で見ていた私は、ものすごい不安におそわれたのです・・・。
このまま服用していていいのだろうかと。

治療を断念・・・


うつ病(による休職状態)にはなりませんでしたが、ハゲよりうつ病のほうが明らかにヤバいと判断しました。

その結果、原因になっているかもしれないAGA治療薬を断念しました。

正直、今でも薬が原因なのかはわかっていません。

ただ、薬を断念して不安要素を排除した結果、うつ病のような症状は少し和らいでいきました。気分的なものもあるかもしれません。

今でも、憂鬱な気分になるときはある(サラリーマンなら全員かもです)ので、後遺症として残っています。

その後・・・


予想通り、薬の服用をやめてから1か月くらいでAGA作用が進みました。
つまりハゲてきたってことです。

この治療法は薬を断念すると進行してしまうことが大きな問題点です。

金銭的に余裕がある人はいいですが、結婚、子育て等でお金はなくなっていきますし、長期的に続ける人でないとお勧めしません。

また、子作りにも副作用の影響が噂されているので、トータルで考えても、やはりこの治療法は厳しいのではないかと思っています。

以上、体験談でした。
皆様のご参考になればと思っています。
長文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です