オワコン日本について考察してみた


若ハゲ29です。


普段投稿しているAGA改善日記の中で、私は労働が嫌いだという話を何度かしています。


70歳まで働けといわれる昨今。
この生活をあと40年間続けることが幸せだとは思わないわけです。


しかし、結婚をして嫁には子供を産んでしっかり育てたいと言われる私の状況・・・。
働くことは不可避なのかも。


そこで、日本の労働環境について調べております。


特に「ひろゆきさん」の言説はロジカルで納得感のあるもの。
ひろゆきさんはオワコン日本という表現を使っています・・・。


この記事ではオワコン日本と私の取る戦略について考えていきます。
また、これらを踏まえハゲについても言及しますです。



オワコン日本について考察してみた



日本失速の原因: 出典「働き方」 


まずは、日本の経済がやばくなった理由を見ていきましょう。

ひろゆきさんが著者の「働き方」には下記の通りの記載が。

① インターネットで情報流通のコストが限りなく低くなった。
② コンテナの発明により輸送コストがかなり安くなった。
③ ゲーム理論的に正直に商売した方が得になってきた。

人件費の安い国を使って、低コストで指定の場所に輸送することができる。


こうなると、日本など人件費の高い国で作ったものは競争に勝つことができなくなる。


なるほど。


既存の製品を作る製造業は人件費の安い国に流れていきます。


製造業は日本の基幹産業ですからね。


これは大打撃なわけです。


そこで、付加価値の高いサービスであれば、高価でも売れるわけですが、それも下記の通りで日本が勝つことは厳しそうです。

時代や技術の変化に追いつくためには、「人材」と「お金」が必要なんですが今の日本にはどちらもそろっていません。

・10年後の日本は、まず経済が悪くなって、教育にコストもかけられなくなり、人の考えなどもすさんで、治安も悪くなるという厳しい状況が待ち受けているでしょう。


GAFA等のグローバル企業が莫大な開発予算でITサービスをどんどん出しているので、日本のIT企業がこれを上回るのは難しいわけです。


しかし、エネルギー源である石油をほぼ100%輸入に頼る日本は外貨を稼ぐ必要があり、価値を生み出していかないといけない状況・・・。


日本でおいしい産業は観光くらいになるとひろゆきさんはいいます。


だめやん・・・。日本・・・。



取るべき戦略?


ひろゆきさんの提言は以下のとおり。

・お金を使わないで、楽しい生活をすることを身につけた方がいいんじゃないかな。

・これからは稼ぎづらくなる。昇給もないし、給料の高い仕事をやるのも難しい。

・だから、気晴らしだったり趣味だったりお金をかけないで楽しむっていう術を手に入れた方が人生は楽になるんじゃないかなと思います。


う~む。


稼げるのは一部の優秀な人間だけになりそうです。


かといって優秀な人間として過度な競争で消耗もしたくない・・・。


そこで、私の結論。

① できる限り節約して貯蓄に励む。
② 夫婦で共働きする。
③ 本業とは別の好きな仕事を模索する。
④ 貯まったお金で資産運用をする。
⑤ ハゲ対策はお金かけない。


以下の戦略を深堀りします。
批判もいっぱいあると思いますが。



① できる限り節約して貯蓄に励む。


収入が増えないのだから、支出を抑えましょう。という話です。

しかし、収入と支出がプラマイ0なら一生ラットレース(労働人生)です。

収入は②の戦略で増やすとして、あとはひたすら節制ですかね。

私のAGA改善日記を見てもらえばわかりますが、基本的に朝・昼は100円ぐらい。夜は家で食べてます。

ただ、朝・昼をケチるとおなか減り過ぎて間食に走るので、この戦略も見直しを図ろうかと思っています。

ただし、お金はそこまでかけない予定です。


② 夫婦で共働きする。


働き手は多いにこしたことはありません。


収入は増やしましょう。


そもそも、1人で働いて、子供の養育費+夫婦の100歳までの生活資金を70歳までに稼ぐというのは無理ゲーです。


私は今、子供もいないので共働きしています。


しかし、専業主婦願望のある女性はけっこう多いので、駆け引きが大事そうです。


私の嫁もたぶん願望が強いほうなので、これから説得を頑張ります。笑


③ 本業とは別の好きな仕事を模索する。


長い労働のキツさは異常です。


気が遠くなる労働は病みますよ。マジで・・・。


そこで、好きな仕事をするというのはこれから大事な概念になっていきそうです。


好きなら続けられるかみたいな。


また、本業が長く続く保証がないため、リスクヘッジとしても1つの仕事にぶら下がるのは危険ですね。


私はブログを始めました。
まだ収益化すらしていないので、1円も入ってきませんが。


ただ何かを始めるのが大切かなと思い、手を出しています。


また、学生時代にやったプログラミングについて基礎能力はあるため、Web言語にも挑戦しようと思っています。


④ 貯まったお金で資産運用をする。


これは好みが分かれそうな話題ですね。


私は以前、自社株に資産の7割突っ込むという暴挙をしていました。


自社株10%の優遇にあぐらをかいて、勉強をしていなかったのです。


運よく微増で売れたのですが、完全にド素人の戦略でいつ死んでもおかしくない戦略でした。


これからはインデックスファンドを中心に長期分散投資を基本として、リスクを取って運用したいと考えています。


個人的に人的資産(労働力)があるうちは、人的資産がリスクヘッジとなるので、投資はありだと思っています。


ゴミみたいな元手なんですけどね。笑


ちなみにひろゆきさんは貧乏人の投資は勧めていませんでした。


まぁ1~5%の運用ですからね。
貧乏人がリスクを取ってもリターンは少ないわけです。


暴落等のリスクを考えると、元手が少ない人はリターンよりリスクの方が高いわけです。


年収高い金融系の友人は現金貯蓄一本なので、好みが分かれるところだと思います。


⑤ ハゲ対策はお金かけない。


これは本当に人によります。


お金より見た目が大事な人はかけるだろうし、お金が大事な人はかけないだろうし。


私の考えですが、私のAGA改善日記で記載の通り、お金をかけない決断をしました。


その決断までには紆余曲折あり、お金を使ってきたから言えます。


結論はAGA治療は終わりのない治療(治療をやめると薄毛に戻る)であり、無限にお金がかかるということを肉体で体験しました。


一財産を見た目にかけるのなら、働かないためにお金を投資資金にかけたくなったので、お金を払うAGA治療は断念したということです。


逆にお金をかけるなら①の節約の戦略をあきらめましょう。


そして、長期的な労働を覚悟する必要があります。


この覚悟がある人は私は全力で応援します。
しかし、リターンが少ないことは知っておいて欲しいです。


おそらく、誰もあなたの見た目を気にしていませんよ。芸能人でない限りは。


個人的にはハゲ治療の最も有効な対策は”結婚”、”恋愛”だと思っています。

これはまた別の記事で書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です